スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡のマリアンちゃん 5
鏡に表れたマリアンはいつものとおり、涙を浮かべていた。マリアンはリサに会うといつもこうなのである。しかし、すぐに気持ちをあらためて彼女に話しかける。
「今日はどんなお話をしようかな。…。そうねぇ、ある海辺の村の話をしましょうか。その村はいつも暖かく冬、めったに雪は降らないの。雪の話は前したからわかるよね。広い海、どこまでもどこまでも遠くまで湖が広がっているの、その水は塩が溶けて、とっても、しょっぱのよ。たくさんのお魚が…小さかったり、大きかったりする魚が泳いでいて、中にはあそこの岩よりのもっと大きなお魚が泳いでいるのよ。島から見て左側に少し大きな島が一つあって、右側には近くには二つの小さな島、遠くのほうには、五つの大きな島があるのよ。真夜中にたくさん釣り船が港から、朝出かけていってお魚を取って、少し離れた港町の市場に運んでいってお昼前に帰ってくるの。別な船は朝早くから釣り人を乗せて運んでいってお昼ごろに帰ってくるのもいるわ。」
そこまで話した後、マリアンはふとまた涙ぐんでしまった。
「マリアンちゃん、また、悲しくなっちゃったの?。お願い、何でいつも私と話しているときとかに涙ぐんでしまうのか、教えて。」
「そのお話をしても今のあなたにはわからないと思うわ。」
「わからなくてもいいから、一応お話をして。一度でわからなかったら、何度でもお話をしてほしいの。あなたの涙を見ると私まで悲しくなってしまうから。」
「じゃあ、何度でも話をしましょう。でも、理解できないと思うわ…。あなたは私のおばあさまなの。正確にはおばあさまだったのね。私がこの宇宙のこの惑星の中で鏡に閉じ込められてから八十年以上たったころ、おばあさまが尋ねていらしたの。私のとても大切なおばあさまはこうおっしゃったのよ。…
『私はこのチップの中の宇宙に入ろうと思うの。そしてあなたのそばに来て人間に生まれ変わろうと思うの。』
『どうして。人間になったら私が鏡から出てくるまでの命も無いのよ』
『私はもう長く生きすぎた。みんなと同じように限りのある命に生まれ変わりたいと思っていたの。』
 私は思い出したの。そういえば大人たちはいつの間にか少しずついなくなっているのを。小さな子供がいなくなるときはみんなで集まって会議をしたりしているみたいだったけど、大人は自分の意思だけでいつの間にか他の命に生まれ変わっていたのね。
『私はこの宇宙が生まれて今までの時間の何百倍も生きてきたわ。正直これ以上は苦痛なのね。たぶんこの気持ちは小さなマリアンにはわからないと思うけどね。』
『でも、おばあさま、人間に生まれ変わったら今までの記憶はなくなっちゃうのでしょ。たとえ、記憶を移そうとしても人間の頭には入りきらないでしょうけどね。』
『それはしょうがないのよ。』
『でも、私のことをわからなくなっちゃうだろうし。』
『そうよ、私は今までの私ではなくなってしまうの。たとえ、あなたが新しい私に前世はマリアンのおばあさんと教えたところでそれは私にとって、全く意味は無いわ。たとえば、他の人が私に別のことを教えて、それを私が信じてしまえばそれが私の前世になるし、別の力が働いて、私の心に別の前世がインプットされてしまえば、それが私の前世になってしまうのよ。だから、新しい私にとって、前世は全く意味が無いものなの…。でも、あなたにとっては今の私も人間になった私も同じなのね。私の前世はあなたにとってたいへんな意味があるのね。どうか、新しい私を見守ってあげて。じゃあ、さようなら。』
そういって、おばあさまは帰られたの。そして、あなたに生まれ変わったのよ。」

つづく

無断転載を禁ず。
スポンサーサイト
Copyright © 鏡のマリアンちゃん. all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。